So-net無料ブログ作成

加湿器を選ぶときの注意点 特にマンション住まいの方へ!

スポンサードリンク




寒い季節になって、その変化に思わずびっくりすることがありませんか?

例えば、寝て起きた時に

「うわっ、口カラカラ!!」

とか

「喉イタ!」

と、いらいらしながら朝起きたりとか

 

これの理由は簡単で、部屋が乾燥しているからです

最近は加湿器も安価で沢山ありますし

色々なタイプが売られていますので

何か適当に買ってしまう人がいると思うんです

で、それでいいだろうなんて気楽に考えると

健康に対して大変なことになりますよ!!

 

特にマンション住まいの方、加湿器選びに

注意しないと、面倒なことが起こります

 

どんな面倒かと言えば、結露です

部屋の気密性ゆえに、結露しやすいですから

 

寒い時に窓に水滴付きますねあれが、窓以外で起こります

特に最近のマンションは気密性が高いので

空気が逃げず、水分も逃げないので

通常目の届かない所に結露が起こり、えらいことになります

 

別に、少しくらい結露ができたっていいじゃん!

という軽い方もいると思いますが、その考えは甘い!!

 

特に「超音波式」と呼ばれるタイプの場合

超音波で小さく砕いた水の粒をファンで送り出す、という方法に

なるのですが、問題は水分だけではなく

水に含まれているものも、一緒に飛び出ていくことです

 

加熱式の場合には、要は夜間をやかんを沸かしているようなもので

水分のみを飛ばして、それ以外の不純物は加湿器の方へ残ります

でも、超音波式は水そのものを飛ばすので、その中にある物も

空中に飛散します

 

例えば、水に含まれているカルシウム分やマグネシウム分

これらも一緒に飛散して、様々な所で結露します

そして、その水がなくなったら・・・?

 

水回りに白いラインになる部分ってあるじゃないですか?

カルシウムが固まって、あのようになってしまうのですが

あれと同じものがいたるところにできてしまうわけです

 

まだ、窓サッシとかにできるくらいならいいですが

例えば、テレビの中やPCの中で結露していたら?

そうです、かなりやばいですね

 

精密機器なだけに、ちょっとしたことで

ダメになってしまうわけです

 

寝る時につけておく事を考えるとなると・・・

布団の中で結露して、中綿が痛むってこともあるわけです

 

さらに、水そのもをあまり変えない場合には

水が悪くなってしまう場合があるわけです

 

つまり

部屋中に不衛生な水をばら撒いている

のですから、健康を考えて加湿器付けたのに

不健康をばらまくっていうことになります

 

加湿器をつけるようになってから・・・

例えばくしゃみがよく出るようになったとか

何か、アレルギー反応があるとか

 

意外に、加湿器をやめると、止まることがあるそうです

 

こういった事からも、まずは超音波式はやめておきましょう

基本的に加熱して水を蒸発させるタイプを選びましょう

 

これらは気化式、スチーム式なんていわれます

ただ、気化式の場合にはあまりパワーが強くない傾向があり

スチーム式は電気代がかかる、という点がありますが

使うコツやタイミングさえ分かっていれば、問題はありませんので

加湿器購入の時には、注意してみて下さい

 




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。