So-net無料ブログ作成
検索選択

乾燥肌の方! 効果的な保湿の方法

スポンサードリンク




以前書いた記事で、リップに関しても

効果的な使い方を載せていますが

「リップクリーム その効果的な塗り方」

 

寒い季節なら、唇だけではなく体全体気になりますよね?

 

乾燥肌の人の場合には

「かゆ~い!」ってところに、まめにクリームを塗ったりしても

なかなか良くなっているって感じないこと、無いですか?

 

市販のクリームなどでも、お医者さんからもらう

乳液のようなものも、あまり変わらないような気がするし・・・

 

「これ、効いているのか?」と思う前に

まずは、いつもとちょっと塗り方を変えてみることで

効果が倍増するかもしれません?

 

通常体にクリーム塗る時

どのようにしています?

単に、そのまま塗っておしまい!

とかじゃ、そりゃ駄目です

 

保湿のためのクリームは、当たり前ですが油分で出来ているわけです

この基本的な役割は、表面からの水分蒸発を防ぐわけですので

もし、もともとの水分が少なかったら、あまり効果がないので

そこからケアするのが大事

 

ここら辺はリップと一緒ですね

 

つまり、手順としては

1:まずは清潔にする

例えば体に塗るなら、シャワー後

手に塗るなら、きちんと手を洗います

清潔な状態にしてから、皮膚のケアをするのは

基本手順ですので、覚えておきましょう

 

2:化粧水などで肌表面の水分を補給します

間違ってはいけないのは、肌は「排出器官」であること

もし肌表面から水分補給できるなら

海に入ったら、どうなっちゃうの?ってことですよ(笑)

プールに入って、お腹いっぱいになる人ないですよね

余分なものを出すのが、皮膚の役割です。

 

あくまで表面の水分を補給してそれより下の水分が

飛ばないようにしています

そのために、クリームでケアの前に、化粧水での水分補給をします

 

色々な商品が出ていますが、基本的にどの化粧水も90%以上は

水分でできています、後はアルコールとグリセリンなど

つまり、どれも変わりません

そういった事からも、たっぷり使えるものを準備しておくのが良いでしょう

 

3:クリームを塗って蒸発しないようにします

化粧水で、肌表面の水分補給をしました!

ココからはこの水分が蒸発しないうちにクリームを塗って閉じ込めます

 

最近は、様々なものが入っているクリームが多いですが

これもあまりこだわる必要がないです

まずは自分の皮膚に合うものを使います

 

後は、まんべんなく濡れるように、伸びの良いものを

たっぷり使いましょう

 

実は、直接クリームを乾燥している肌に塗ると

皮膚表面が傷ついている状態ですので、保湿クリームに対して

過剰反応する場合があります

 

意識的に水分の保持ができるように、ケアをして

寒い季節も快適に過ごしてみて下さい




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。