So-net無料ブログ作成
検索選択

ペイパルって何? 便利な決済 開設手順

スポンサードリンク




通販って使いますか?

僕はアマゾンでよく買いますね、今は本だけじゃないですからね

後は、海外から趣味系の物を買うことが

でも、カード番号を入れるのって、怖くないですか?

特に海外サイト

 

もう1つは、毎回毎回入れるのは面倒!!

 

でもでも便利なものが、ペイパルによる決済なんです

最近ではスマホでも利用可能になってきているので

日本でも、拡大していくでしょう

 

でも「ペイパルって・・・なんか怪しい」って思う人も多いと思います

そこでちょっと調べてみました、たぶん読み終わる頃には

ペイパルアカウントの開設が安心してできると思います

 

まず基本的な事柄ですが

ペイパルですが、決済方法の1つです

 

元々アメリカで生まれ、今の親会社はアメリカのヤフオク

みたいなところである、イーベイです

 

基本的にはペイパルもクレジットカードでの決済になるのですが

そういった場合、通常カード番号を決済のたびごとに入力

しますよね

 

でも、ペイパルはそんな必要がありません

なぜかと言うと、メールアドレスのやり取りのみで

決済が完了するようになっているからです

 

ですから、対海外でも安心して使えます

 

このために必要なのが、アカウント開設

つまり、メールアドレスとアカウントをひも付することを1度

行っておけば、後はペイパルが間に入って決済をしてくれます

 

つまり、相手に1万円払ってほしい場合には

こちらのメールアドレスを相手に教えて

「ペイパルのこのアドレスのアカウントに1万円支払ってね」

とメールで言えばOK

 

もちろん、もっといろいろと便利な方法がペイパル中には

サービスとしてありますが、一番シンプルに言えば、こうです

 

で、もっといいのは、その手数料

なんと開設費無料、使用料無料です

非常に「支払い側」に楽になっています

 

受け取り側は、若干の手数料が取られますが

カード使用料よりも、安くなっていますので、使い勝手は良いです

 

そして、もし手に入れたものが納得いかず

返金の要求をしたい場合にも簡単で

手数料などをひかれずに全額戻ってきます(期間内なら)

 

実は昔よりも、アカウント開設に面倒になったのですが

それは「お金の受け取り」を考えている人です

支払のみなら、あっという間にアカウント開設

そして利用可能です

 

受け取りを考えている人は、必要書類をペイパルに送って

2~4週間で、向こうから書類が届くので、その内容を入力すれば

OK

まあ、1か月くらいで完璧に使えます

 

で、こっちから情報を送るのも、封書とかではなく

スキャナーのデータでいいので、比較的簡単に送れます

 

具体的にアカウントの開設方法ですが

ペイパルの公式ページに行ってもいいですし

今回参考にした、こちらのページでもいいです

「ペイパルアカウント開設手順」

 

ペイパルアカウントがあると、海外からも簡単に物が買えますし

自分の物を売る際に、手数料もわずかで販売できます

 

最近は日本の通販の会社も、このペイパル決済を導入してきている

所が増えてきました

 

今のうちに開設しておけばいろいろと使えるので

さくっとやっちまいましょう




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。