So-net無料ブログ作成
検索選択

意外な事実? コンビニ&カフェのコーヒー味比べ

スポンサードリンク




朝の眠気を取ってくれたり、仕事のやる気を出してくれたり、

夕方ホッと一息つかせてくれたり・・・

コーヒーにお世話になっている人は多いいでしょう

 

以前なら、スタバやタリーズのようなカフェで飲む、または

買ってくるという人が多かったと思いますが

最近はコンビニのコーヒーや、ファーストフードのコーヒーも

レベルアップしているので、そういった物をだけを買いに

お店に行く人もいるはず

 

各社・各様のコーヒーですが、実際の所、味の違いってどんなもんなの?

ってことで、厳密に調べた方がいるそうです

⇒ 「

 

まずは、比較する会社が6つ

スタバ、ドトール、セブン、ローソン、マクド、ミスド

つまりカフェ2つ、コンビニ2つ、ファーストフード2つとバランスよく

調べてくれています

 

機械で測定をし、人間の舌などで判別するのではない厳密な

数値化が行われました

 

調べる軸が2つあり、コクがあるか、あっさりか

酸味が強いか、苦みが強いか

という軸になっています

 

各社特徴的な数値が出ているのですが、コクがあって苦み系

なのがスタバ、これは確かに納得ですね

同じカフェである、ドトールはどうかと言えば酸味が強くてあっさり

何だそうです

 

つまり、この2点のコーヒーは、まさに真逆の味

ちなみに「アメリカンコーヒー」って酸味が強いのが特徴なので

ドトールのコーヒーはまさにアメリカンです

ブレンドになると、もう少し苦みが出ると思いますよ

 

つまり、サラッと飲みたいときには、ドトールのコーヒーの方がよく

ズシッと感じたいときには、スタバってことですね

これらのお店は上手くすみ分けているってことです

 

さて、コンビニ各社はどうかと言えば

苦みがある、あっさり型

うん、確かにそうですね

 

苦みに関しては、ローソンに軍配が上がるのですが

その差は微妙な差なので、飲み比べても分かりにくいくらいだそうです

ただ、苦みに関して、スタバとセブンはほぼ同じ

ローソンはスタバより上です

 

でも、ローソンのコーヒーも飲みやすいですね

スターバックスを特徴的にしているのは「コク」なんですね

 

そして、セブンのコーヒーが人気の事から、日本人は

結局あまりコーヒーを飲みなれていないのでは?と見てとれます

あっさり目が好きな方が多いのでしょう

だとすれば、スタバでもアメリカーノの方がお勧めかもしれません

 

ただ、このコンビニ2種は、ほぼ同じ土俵で戦っていることになります

 

さて、残りのファーストフードですが

マックはコクと苦みのバランス派、ミスドはあっさり酸味型です

これは真っ向割れたのですが、要は「食べ合わせ」のためだろうと

見て取れますね

 

マックは嫌でも脂っこいわけですから、どうしてもコクがあった方が

コーヒーも楽しめます

ミスドの場合には、甘いものを楽しむわけですから、コーヒーの

苦みなどが最後に残ることを良しとはしないでしょう

あまりコーヒーがパワフルだと、ドーナツもあまり食べられない

可能性もありますからね

 

この辺のお店は、わざわざコーヒーを、というよりも

食べ物と一緒にコーヒーを、なので明確にピンポイントを

ついてきているってことです

 

これを参考に、ぜひぜひ美味しいコーヒーを楽しんでください




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。