So-net無料ブログ作成

意外な事実? コンビニ&カフェのコーヒー味比べ

朝の眠気を取ってくれたり、仕事のやる気を出してくれたり、

夕方ホッと一息つかせてくれたり・・・

コーヒーにお世話になっている人は多いいでしょう

 

以前なら、スタバやタリーズのようなカフェで飲む、または

買ってくるという人が多かったと思いますが

最近はコンビニのコーヒーや、ファーストフードのコーヒーも

レベルアップしているので、そういった物をだけを買いに

お店に行く人もいるはず

 

各社・各様のコーヒーですが、実際の所、味の違いってどんなもんなの?

ってことで、厳密に調べた方がいるそうです

⇒ 「

 

まずは、比較する会社が6つ

スタバ、ドトール、セブン、ローソン、マクド、ミスド

つまりカフェ2つ、コンビニ2つ、ファーストフード2つとバランスよく

調べてくれています

 

機械で測定をし、人間の舌などで判別するのではない厳密な

数値化が行われました

 

調べる軸が2つあり、コクがあるか、あっさりか

酸味が強いか、苦みが強いか

という軸になっています

 

各社特徴的な数値が出ているのですが、コクがあって苦み系

なのがスタバ、これは確かに納得ですね

同じカフェである、ドトールはどうかと言えば酸味が強くてあっさり

何だそうです

 

つまり、この2点のコーヒーは、まさに真逆の味

ちなみに「アメリカンコーヒー」って酸味が強いのが特徴なので

ドトールのコーヒーはまさにアメリカンです

ブレンドになると、もう少し苦みが出ると思いますよ

 

つまり、サラッと飲みたいときには、ドトールのコーヒーの方がよく

ズシッと感じたいときには、スタバってことですね

これらのお店は上手くすみ分けているってことです

 

さて、コンビニ各社はどうかと言えば

苦みがある、あっさり型

うん、確かにそうですね

 

苦みに関しては、ローソンに軍配が上がるのですが

その差は微妙な差なので、飲み比べても分かりにくいくらいだそうです

ただ、苦みに関して、スタバとセブンはほぼ同じ

ローソンはスタバより上です

 

でも、ローソンのコーヒーも飲みやすいですね

スターバックスを特徴的にしているのは「コク」なんですね

 

そして、セブンのコーヒーが人気の事から、日本人は

結局あまりコーヒーを飲みなれていないのでは?と見てとれます

あっさり目が好きな方が多いのでしょう

だとすれば、スタバでもアメリカーノの方がお勧めかもしれません

 

ただ、このコンビニ2種は、ほぼ同じ土俵で戦っていることになります

 

さて、残りのファーストフードですが

マックはコクと苦みのバランス派、ミスドはあっさり酸味型です

これは真っ向割れたのですが、要は「食べ合わせ」のためだろうと

見て取れますね

 

マックは嫌でも脂っこいわけですから、どうしてもコクがあった方が

コーヒーも楽しめます

ミスドの場合には、甘いものを楽しむわけですから、コーヒーの

苦みなどが最後に残ることを良しとはしないでしょう

あまりコーヒーがパワフルだと、ドーナツもあまり食べられない

可能性もありますからね

 

この辺のお店は、わざわざコーヒーを、というよりも

食べ物と一緒にコーヒーを、なので明確にピンポイントを

ついてきているってことです

 

これを参考に、ぜひぜひ美味しいコーヒーを楽しんでください


あなたはコンビニ派?カフェ派?     コーヒーを鋭く比較してみました

暑くなってくると、思わず買ってしまうのは冷たい飲み物です

または、コーヒーショップでアイスコーヒーなんて人もいるでしょう

 

でもでも、最近ではコンビニで、かなり本格的なコーヒーも買える

ようになってきているので、そちらを買う方も多いでしょう

いくつかの点で比較をしてみましょう

 

まずは、コンビニコーヒーの価格

セブンイレブン、ファミマ、ローソン、サークルK、ミニストップ

の5種でアイスコーヒーを比較してみると

セブンはレギュラーで100円、ラージで180円

ファミマは180円、ローソンは185円

サークルKは100円、ミニストップは150円です

 

まあ、ほぼ横並びなのですが、若干分量が違っていたりします

セブンのラージが270ミリ、それに対してファミマは340ミリ

と、この2点を比べただけでも、結構違います

 

また、ファミマ全店ではなく、取り扱いの無い店舗もあるのですが

セブンは、ほぼ全店ですね

それに、ファミマはポイントカードがあるので、行く店が

決まっているのでしたら、ファミマに行った方がお得かも

Tポイントも付きますしね

 

価格と分量、という点でも比べてみましたが

実はオペレーションもだいぶ異なっています

 

おなじみセブンイレブンでコーヒーを飲むなら(アイスね)

アイスクリームや冷凍食品の所に、既に氷がたっぷり入った

プラスチックのカップがあります

それを持ってレジへ、お金を払ってから機械に入れます

後は、適切なボタンを押せばOK

この時に、もしSサイズを買ったのに、ラージのボタンを押しても

安全のために、カップを入れる所が閉まってしまうので

後の祭り(笑)

ご注意ください。

 

ファミマもほぼ同様ですね、ただレジで「アイスコーヒーを」

と言って、カップを買います

ファミマもセルフで入れるのですが、こちらはカバーがありません

安全面大丈夫でしょうか?

後は、飛び跳ね注意です

 

これとは異なり、ローソンは店員さんがオペレーションを

してくれます

その点楽なのですが、コーヒー一杯くらい気軽に買いたいなあ

と思う人には、少々煩わしいかもしれませんね

 

サークルKは、コーヒーの機械の所に札があるので

それをレジに持っていくと、カップをくれるシステムです

これらのコンビニはブリュワーがあるので、セットしてボタン

でOKです

 

つまり出てくる量は、機械にミスがなければ一緒ってことになります

 

ミニストップの面白いのは、ココですね

まあ、コンビニ各社の中でも、イートインに力を入れている

ミニストップです

ココだけ手動!

とはいえ、あまり欲張って入れないように!

 

さて、ここまでコンビニ各社を比較してみました

 

では、次カフェの方を比較してみましょう

スタバ、ドトール、エクセルシオール、タリーズ、ベローチェ、サンマルク

スタバはショートで280円、240ミリです

ドトールはSサイズで220円、150ミリ程度

エクセルSで300円、180ミリ程度

タリーズSで310円、240ミリ程度

ベローチェSで200円、分量はよく分からず

サンマルクSで200円、こちらも分量よく分からず

あ、一部消費税の関係で価格が変わっている所もあると思いますので

ご確認ください。

 

上記の価格と分量を考えると、夏の水分補給なら

コンビニのコーヒーの方がお勧めです

体を休めるなら、カフェを利用してもいいんじゃないでしょうか


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。