So-net無料ブログ作成

摂食回復支援食 あいーと 他の介護食との違いは?

スポンサードリンク




毎日の食事って楽しみですよね

ランチにどこのお店に行こうか迷うことなんて

よくあると思います

 

これは、体が不自由になったお年寄りも同じ

毎日の食事を楽しみにしているからこそ

介護をする際にも、その楽しみを持っていて欲しいものですよね

 

そんな楽しみを、介護食でも達成したのが

摂食回復支援食 あいーとです

今まで他の介護食を食べていた人は、この食事どうなのでしょう?

 

他の食事からの変更は?

まず、きざみ食にしている方でしたら、問題なく

あいーとの食事を食べることは可能です

きざみ食の場合、料理の見た目もあまりよくないので

見た目がしっかりとした量になっているあいーとですと

食欲もわいてきます

 

より飲み込む力が弱い人の食事には

とろみ食やミキサー食などがあります

これらの食事とは、水分量などが異なってくるために

基本的には医師との相談をし、指導を受けたうえでの

ご利用をしてください

 

保存が楽な冷凍食品

介護される方にとって楽なのは

冷凍食品なので、きちんとストックしておける

ということでしょう

 

通販で購入しても、2日~5日程度で届きますので

3日分くらいのストックがあれば、問題ないわけです

 

そして、解凍の方法ですが

電子レンジで温めたり、蒸し器で温めれば

大丈夫です

各料理のパッケージに加熱時間の目安が

書かれていますので、細かな時間も

すぐに分かります

 

食べる事が困難になると

栄養素の不足が起こることもあります

あいーとは、きちんと栄養のことも考えてありますので

介護する側が、そういった苦労をしなくてもいいわけですし

介護されている方にとっても

非常に優れた食事ができるわけです

 

味も見た目も、通常の食事と

ほとんどそのままであるあいーと

種類も豊富ですので、献立にも困りません

 

ぜひ、介護されている方の

楽しみを作ってあげてください




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。